Top50で活躍する茂手木祥吾のWebsight!


   2008 CANADA

Canada Bass Fishing紀行 by Shogo Motegi 

初日〜2日目 3日目 4日目 5日目 6日目



そして翌朝ホテルではプラクティス最終日のため早朝から賑わう




この日、シュウさんと安池さんはガイドフィッシングに出かけ、
僕とハッチーはボーターの選手に乗せてもらえないとプラクティスが出来ないと言う予定
最悪ボートスロープで乗せてくださいって看板もって待ってるかな・・って考えていたら、スペシャルなボーターを
シュウさんが用意してくれた。




それはカナダのスーパーヒーロー「Bob Izumi」
そう、昨年家に招待してくれて、手作りランチまでご馳走してくれたボブさんだ。
ボブさんはすでに2週間プラクティスに入っており、荒れることで有名な今回のエリアのために、ボートを2台用意していた
写真に写っているのは、Xハルの深いウォールアイフィッシング用のボート、これなら荒れても帰ってこれるそうだ。
もう1台はスピード重視のレンジャーボートの最高級モデルZコマンチ。さすがスーパーヒーロー



ハッチーのプラクティスパートナーはボブさんの兄のウェン・イズミさん、ハンティングの世界でも有名なバスプロである。
車に書いてある リアルフィッシングショウ はボブさんたちの会社。




ボブさんは息子のデーリィーを連れて一緒にプラクティスしている。デーリィーは僕らと同じでアマチェアでトーナメントに
参戦する。




250馬力は普通。これで1時間も2時間もかかるポイントまで全速力で走る。その時速130キロ以上・・・
ちなみにボブさんたちのエンジンはマーキュリーのベラード。スーパーチャージャー搭載である。




魚探もデカイ・・・それを支えるRAMもデカイ・・・




公園のボートランチ
スロープにはちゃんと桟橋が着いている。この辺は日本と違っていたせりつくせり。




スーパースターボブさんはどこに行っても大人気。ボートを下ろして車を置いてさてボートにってところでファンに捕まる
気さくなスーパースターは丁寧にサインや質問に答える。プロの鏡だ、学ばなくてはね。
でも、デーリィーに凄いな君のとーちゃんって言ったら、毎日待たされるのはどうかと思うよってさ(笑)





ここはトーナメントのスタートエリア、こんな町の中っぽいけで今回のトーナメントエリアは五大湖のレイクヒューロンと
レイクエリー、そしてその間にある、セントクレアレイク、セントクレアリバー、スタート地点があるのはそのセントクレアリバー
のレイクヒューロンよりである。
とにかく広い!琵琶湖の何倍?ではなく何百倍?である・・・



でっかい魚探は合理的です。欲しくなるね・・・



でっかいのが来たぞ!ってちょーでかいタンカー、小学校ぐらいある




とにかくでっかいし、長い!




約1時間のドライブでセントクレアリバーから セントクレアレイクに出る、さらにこの湖を越えるとレイクエリーだ!
越えると言っても、とりあえず水平線に対岸は見えないですけど・・・




フロントデッキで釣る親子。二代目のバスプロってアメリカではよく聞くけど、親子で2週間も一日の大半を過ごすって
普通なのかもしれないけど凄いよね




プラクティス中だから、バスはそっとリリースだけど、このタイみたいな外道はOK!
シーパーチって言われたけど、僕には以前アメリカで釣ったドラムと区別がつきません・・でもデカイ(笑)




うーみはひろいーな大きいなぁ〜♪
って、海じゃないです 淡水です フレッシュウォーター




上の写真と水の色が違うの分かります?
ここはウィードフラットなんですよ。シャローに永遠と広がるウィードの草原って感じです。
ここをルドラでジャークジャーク!




さて、そろそろ帰ろう。と河口に戻ってきたところ、本日は最終プラクティスですから18時からのブリーティングに
出なくてはなりません。そこで、明日のパートナーが決まります。




で、ボートスロープに戻ると地元のメディアの取材が来ていました。
待っていましたとインタビューを受ける MrBob




で、日本から来たチャレンジャーにもインタビューが!
「好きな食べ物は肉です」って 答えたりしないようにシュウさんが通訳してくれた。




釣り馬鹿達・・・
ここに来てもわずかな時間でも、タックルショップに走る・・・




お!これは!




ガルプの新しいパッケージではないか! 日本未発表モデルだね!




なんか尿瓶みたいだけどね・・・




で、いったんホテルに戻ると、みんな準備中。写真はゲーリーオニールさん。デカイ人だ。




ホテルにこの密度。大体の選手は1階に部屋を借りて、部屋の窓から電源コードをボートまで引っ張って、バッテリーを充電
よく雑誌で見るアメリカの風景だ(ここはカナダだけど) 夢の風景の中にいる自分に酔いしれる。




出前の白い箱は秘密兵器・・じゃなくてゲーリーさんのピザ。Lサイズ三枚重ね・・・一緒に食おうぜって一枚丸々くれた・・





ホテルから少し離れた所にあるカジノがブリーティングの会場。まぁ前夜祭みたいな物
受付に並ぶ、一番かわいいこの列が自然と混むのは世界共通の自然な現象だ
安池さんは参加しないが通訳でゲット!




ぱんぱかりーん これで参加Ok!




受付の横のボート。もしや賞品か?
あれは俺のもんだ




会場でシュウさんからサプライズ!今回のためのトーナメントシャツを作っておいてくれた!




料理がどんどん出てくる。美味しい物も、微妙な物も(笑)




サーモン、いやマスのきゅうりかぶせソーニア風(笑)




目がかわいい まつ毛付き




食べて飲む・・ 写真のおじさんはアマチィア選手なんだけど、アマチィア選手もトーナメントシャツを着る人が多い
日本でもチャプターとか、ローカルトーナメンターの人もトーナメントシャツをドンドン来てもいい気がする!
形から入るのは日本人の心だしね(笑)




コンサートも行われてる、もうほんとにパーティー




あっちに見える鉄の箱はなんだ?




実はこれ巨大BBQ焼き機 これで肉焼いたりする




料理ドンドン




ミィーティング会場はカジノなため16歳以下の参加者は入れない!
裏から回って、しかも会場の敷地外から参加。
オープンに見えて、守るところは守る




ハッチーのトーナメントシャツを見ておまえバークレーのサポート選手か?ハッチーがYESって言うとチョーフレンドリーに
なってきた。




さて、パーティーのファイナル、明日初日と二日目のパートナー抽選が始ります。
強い人に当たりますYO-に!
ノンボーターの成績はボーターにかかってますからね!




無事にパートナーに自分の連絡先を伝え、待ち合わせ場所を決めて一安心!
で、ホテルに帰って早速明日の準備だ!っと思ったら、ヘレンさんに連れられてカジノのレストランに・・
もうお腹いっぱいだよ(笑)って言いながら着いていったら、なんとシュウさんの誕生日パーティー
今回参加する多くの有名プロ選手が終結していた。シュウさんの人望の厚さを垣間見る!




その頃会場もハイピッチに仕上がってきていた。 まぁ、テント立てるくらいなら日本でも・・




でっかいコンボイが・・しかも 良くみるとボブさんの会社名や写真が・・・私有物?




こちらがスタッフの方の待機室やスッタフルームになるキャンピングトレーラー




トイレもやってきた・・・




これが明日のウェインステージかな?
あーここに立って、トロフィーかかげてぃのう(;>ω<)/
と言うことで、この日も準備してリグったりしたら、寝たのは深夜の1時・・3時半起きなのに・・・



ページTopへ

茂手木祥吾 オフィシャルサイト
当WEBサイトはリンクフリーです。但しページ内コンテンツの一部へのリンクやフレーム内へのリンクはご遠慮ください。
リンクはトップページへのみお願いいたします。このホームページの内容の一部まはた全てを無断で複製、転載することを禁じます。